1. トレファク引越トップ
  2. 得する!引越しお役立ちコラムTOP
  3. 引越しのコツ・ポイント!・目次
  4. [1]見積もりを依頼する際に気をつけるポイントとは?

[1] 見積もりを依頼する際に気を付けるポイントとは?

引越し日が決まったら、その日に合わせて荷作りをし、引越し業者を決めなくてはいけません。
ここでは、引越し業者を決める際にしなければならない「見積もり依頼」について、注意すべきポイントをまとめました。

まずは引越し業者に伝えなければならない情報を整理する

まずは、見積もり依頼を引越し業者にする際に先方に伝えなくてはならない情報を整理しましょう。
整理すべき情報は以下の通りです。

  1. 1. 引越し日
  2. 2. 引越し先の住所
  3. 3. 荷物量
  4. 4. 大型家具、電子機器の有無
  5. 5. 引越し前の住居、引越し後の住居の周辺状況

まず、1を決めましょう。業者によっては対応できない日もあります。
2は移動距離によっても料金が変わる場合があるので、伝える必要があります。
3、4は使用するトラックのタイプを判断したり、別料金が発生したりするかどうかを判断するのに必要です。
3はダンボール何個ぐらいと伝えられるとよいでしょう。
4の大型家具とはソファーやタンスなど、電子機器とはパソコンや電子ピアノなどのことです。
5はトラックを止めておける場所がどこにあるか、荷物を運ぶ際に階段を利用しなければならないかどうかなどです。

見積もりを依頼するのは何業者くらいがよいか、またその手順は?

情報が整理できたら、いざ見積もり依頼です。
まずは、数社から数十社に一括で見積もり依頼ができるサイトがインターネットにはいくつもあるので、まずはそういったサイトを利用して、引越し料金の相場をつかみましょう。
ただ、一括見積もり依頼では細かい金額まで出すことは難しいので、手間をかけられるのであれば、業者ごとに見積もり依頼をして、細かい金額を出してもらいましょう。

五社くらいに依頼すれば、十分な比較検討ができるでしょう。そして、サイトで出した相場や各業者が出してくれた細かい見積もり金額をもとに、値段交渉に入りましょう。

見積もりを依頼する方法について

上記で「1件ごとに見積もり依頼をして、細かい金額を出してもらいましょう」と書きましたが、その方法にはどういったものがあるのでしょうか。
大きく分けて、メール、電話、訪問(自宅に来てもらう)の3つがあります。

時間がないならメールか電話、時間があれば訪問してもらうのがよいでしょう。
いくら情報を整理してメールや電話で業者に伝えても、業者が求めている情報を完璧に伝えるのは難しいことです。情報をうまく伝えられなかったことで、後から追加料金を請求されることもあります。
そういった事態を避けるために、業者に訪問してもらい(自宅に来てもらい)、直接、見積もり金額を出す際に必要な情報をチェックしてもらうのがベストです。

上記の内容を参考に業者に伝える情報を整理し、自分に合った方法で見積もり依頼をしましょう。
後々トラブルのないように、多少手間はかかりますが、訪問見積もりをお願いするのがおすすめです。一度業者の方と直接会って話をしたほうが、その後の値段交渉もしやすいでしょう。
  • お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

    0120-33-5515

    受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日も含む)

  • 引越無料見積はこちら

※買取のみのご利用の方は別サービスの出張買取サービスよりお申し込みください。
お電話のかけ間違いが多くなっております。お電話の際は、番号をご確認の上、お問い合わせくださいませ。

  • 初めての方へ
  • 事前チェックリスト
  • よくある質問
  • お客様からの声
  • 出張買取のみのお申込はこちら
LINE&電話見積り査定で買取金額10%UP
引越体験レポート
モニター募集
お引越ご紹介特典クオカード500円分プレゼント
漫画でわかる!トレファク引越のお得ポイント!!
おまけ付き!荷造りのコツ
新婚夫婦が住みやすい穴場駅Best22

お電話でのお問い合わせ

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日も含む)

お申込みはこちら
オフィス移転

facebook