1. トレファク引越トップ
  2. 得する!引越しお役立ちコラムTOP
  3. 引越しのコツ・ポイント!・目次
  4. [2]引越し業者に価格を安く抑えてもらうためには

[2] 引越し業者に価格を安く抑えてもらうためには

引越しをするとなると、敷金礼金はもちろん、家具を買い替えたり、新居の近隣の方へ挨拶に行くために手土産を用意したりと出費が重なります。
引越し業者に支払う料金は、できることなら安く抑えたいですよね。ここではその方法について説明します。

引越し業者の繁忙期を外して引越しをする

引越し業者には繁忙期があります。
新入生、新社会人が一人暮らしを始める3、4月、次いで人事異動による転勤が多いとされる7、8月です。 また、大型連休、土日祝日、月末月初、大安を選んで引越しをする人が増えます。
引越し業者が忙しい時期は、これらの日にちを外して引越しをすれば、価格を安く抑えることができます。

お得な割引プランを利用しよう

引越し業者には、引越し料金を安く抑えることができるプランがあります。主なプランは「フリー便」「帰り便」「チャーター便」「混載便」の4つ。

「フリー便」は引越しの日にちだけこちらで決め、時間は業者が当日の都合で決めるというものです。
時間は比較的引越しをする人が少ない午後になることが多いです。
「帰り便」は別の引越しや配達を終え、荷台が空となったトラックを利用するプランです。基本的に引越しする日にち、時間ともに業者の都合で決まります。
「チャーター便」はトラックとドライバーのみ業者が用意してくれるプランです。トラックと住居間の荷物の移動は自分で行います。協力してくれる友人がいれば、このプランを選択するのもひとつの手でしょう。
「混載便」は、同じ地域に引越しをする人の荷物と自分の荷物を一緒に運ぶというものです。基本的には長距離の引越しをする方向けのプランで、運搬日、時間はこちらで決めることはできないことが多いです。

荷物は自分で梱包する

業者が荷物を梱包してくれるプランもありますが、あらかじめ自分で梱包すれば価格は安くなります。
梱包に必要な段ボールは、多くの業者が事前にある程度の枚数は無料で提供してくれることがほとんどです。

枚数が多く、有料となってしまう場合は自分で調達しましょう。スーパーや大型ショッピング施設に行けば、必要なくなった段ボールをもらうことができます。過去に引越ししたときに利用した段ボールがまだ残っていれば、それを利用するのもよいでしょう。

引越し前に必要ないものは廃棄する

業者に運んでもらう荷物が減れば、もちろん価格は安くなります。そのためにも不要なものは事前に廃棄しましょう。
ただ廃棄するだけでなく、リサイクルショップを利用すれば、売ることができるものもあるかもしれません。そうすれば、ちょっとした引越し費用の足しになりますね。
不要なものを把握するためにも、自分で梱包するのがおすすめです。

引越しは何かとお金がかかることが多いもの。ご紹介したポイントを参考に、引越し料金を安く抑え、浮いたお金を使ってぜひ楽しい新生活を送ってください。
  • お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

    0120-33-5515

    受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日も含む)

  • 引越無料見積はこちら

※買取のみのご利用の方は別サービスの出張買取サービスよりお申し込みください。
お電話のかけ間違いが多くなっております。お電話の際は、番号をご確認の上、お問い合わせくださいませ。

  • 初めての方へ
  • 事前チェックリスト
  • よくある質問
  • お客様からの声
  • 出張買取のみのお申込はこちら
LINE&電話見積り査定で買取金額10%UP
引越体験レポート
モニター募集
お引越ご紹介特典クオカード500円分プレゼント
漫画でわかる!トレファク引越のお得ポイント!!
おまけ付き!荷造りのコツ
新婚夫婦が住みやすい穴場駅Best22

お電話でのお問い合わせ

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日も含む)

お申込みはこちら
オフィス移転

facebook