「お引越し」と「不用品の買取・処分」を一括で見積もりいたします。トレファク引越でおトクな引越し!

トレファク引越

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日含む)

  1. トレファク引越トップ
  2. 得する!引越しお役立ちコラムTOP
  3. 引越しのコツ・ポイント!・目次
  4. [11-1]準備、手順、これで完璧! 引越し前にやること

[11-1]準備、手順、これで完璧! 引越し前にやること

引越しという一大イベント。新生活が始まるにあたっての楽しさがある反面、やるべきことが多くて、面倒に思うこともあるでしょう。
後になって慌てないためにも、事前準備はしっかりしておくことが、引越しをスムーズに進めていく秘訣です。今回は、引越し前に必要な、さまざまな手続きや必要な作業について説明していきます。

役所と郵便局での手続きについて

引越しに際しては、以下に挙げるような各種届出をしておく必要があります。

●役所での手続き 役所での変更手続きは、現在の自分がどのような状況下によって内容が変わってきます。まずはホームページや電話などで確認をしてみましょう。どんな手続きが必要か、何を用意する必要があるか、事前に確認をしておくだけで変更手続きがスムーズに進められます。
住民登録関係では、転出届(転居届)、印鑑登録になります。印鑑登録は、転出届を出すと今までの登録を消してくれるので、転出先で新たに登録するようにしてください。

また、国民健康保険に加入している方は、「資格喪失手続き」と「加入手続き」(同一市区町村外への引越し)、もしくは「住所変更手続き」(同一市区町村内への引越し)を行います。その際、国民年金の「住所変更手続き」も合わせて行いましょう。
社会保険に加入している方は、個人で手続きを行うことは稀ですので、まずは会社の人事や総務などにどういった手続きが必要かを確認しましょう。

●郵便局での手続き 郵便局には、前の住所に郵便物が届いた際に転送してもらえるよう、転居届を出しておく必要があります。そうすると1年間、新しい住所に転送してもらえます。
方法としては、最寄りの郵便局に行き、本人確認書類(旧住所が確認できるもの)と転居届けを提出するだけです。住所変更届けは郵便局に置いてありますので、持参するのは本人確認書類のみとなります。

その他、住所変更にあたって手続きが必要なもの

銀行、クレジットカード、保険、新聞、NHK、運転免許証、勤務先など、住所変更が必要なものは多くあります。電話のみでできるもの、変更書類を送付する必要があるもの、窓口での手続きが必要なものなど、さまざまです。まずは変更しなくてはいけないリストを作り、それぞれに必要な手続き方法や必要書類をメモするところから始めましょう。

ライフラインの手続きについて

電気、水道、ガス、携帯電話、固定電話、インターネット回線は、日常生活を送るのに必要不可欠なものです。遅くとも引っ越しの1週間前までには連絡をとり手続き方法を確認しましょう。

引越しに必要な作業について

引越しをする際は、変更手続き以外にも、当然引越し自体の準備も必要です。引越し業者の手配、近所への挨拶、挨拶品の用意、荷造り、家電の対応など、数多くあります。

特に引越し業者選びは重要です。引越しを決めたら真っ先にやるべきことになります。引越し業者は数が多いというのもあり、自分に合った引越し業者を探すには、思った以上に時間がかかったりします。業者によって、費用や補償制度がまったく違ってくるところが多いので、安易に決めるのではなく、きちんと比較しましょう。
ただし、引越し予定日の直前になると、引越し業者の予定が埋まって、最悪の場合は予約が取れないことも…。そうならないためにも、期間に余裕を持って探すことをおすすめします。

引越しは当日だけではなく、引越し前の準備も非常に大切です。
特に住所関連は、引越し前にやることとして、最優先してすべきことです。引越しはやることが多すぎてバタバタしてしまいがちですが、引越し前にやることはきちんとリストアップしておきましょう。
  • 初めての方へ
  • 事前チェックリスト
  • よくある質問
  • お客様からの声
  • 出張買取のみのお申込はこちら
WEBアンケートキャンペーン
引越体験レポート
モニター募集
漫画でわかる!トレファク引越のお得ポイント!!
おまけ付き!荷造りのコツ
新婚夫婦が住みやすい穴場駅Best22

お問い合わせ

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日も含む)

お申込みはこちら
オフィス移転

facebook