media="all">

「お引越し」と「不用品の買取・処分」を一括で見積もりいたします。トレファク引越でおトクな引越し!

トレファク引越

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日含む)

  1. トレファク引越トップ
  2. 得する!引越しお役立ちコラムTOP
  3. 引越しのコツ・ポイント!・目次
  4. [11-3] 引越し前に、忘れがちな手続き一覧

[11-3] 引越し前に、忘れがちな手続き

不動産会社に連絡して、家の中の不用品を片付けて、荷物を梱包して、引越し業者を選んで…。引越し前後は、やるべきことがいっぱいです。
引越しの手続きでは、住民票や国民健康保険など役所関係、ガス・電話・電気・水道など公共料金は、まず思い浮かびます。
でも、忙しい中つい忘れがちでとても大切な手続きが、運転免許証や各種カードの住所変更です。
そこで今回は、引越しで忘れがちなこの2つの住所変更の必要書類や手続き、そして引越し前後の事前準備を忘れずチェックする方法までご案内します。

運転免許証の住所変更手続き

手続をしなくても、運転免許としては有効なので、ついつい後回しにしてしまう運転免許証の住所変更。でも免許更新のハガキが古い住所に届いたり、身分証明書として使うときに、大変困った事態になりかねません。 同じ『お役所系』のイメージから誤解されやすいのですが、住民票だけ新しい住所に移しても、免許証の住所は変更されません。
住民票を移したら、忘れないうちに運転免許の住所変更手続きも済ませておきましょう。

住所変更の手続きは、警察署、運転免許試験場、運転免許更新センターのいずれかに、以下の書類を持って行く必要があります。

  • 住所を変更する前の運転免許証
  • 新しい住所の本人確認ができる、健康保険証や住民票(コピーは不可)など
  • 代理人申請の場合は、申請者と代理人が併記された住民票の写し

警察署(地域によっては、交番でも受け付けています)や、運転免許センターに置かれている「運転免許記載事項変更届」に必要事項を記入し、必要書類とあわせて提出すれば、住所変更の手続きは無事完了します。

クレジットカードや銀行のキャシュカード

クレジットカードや銀行のキャッシュカードも、引越しのあとでも使えてしまうため、つい忘れがちな手続きの代表格。

利用明細書や取引についての大切なお知らせに関しては、郵便局に転送手続きをしていれば、最大1年間転送されてきます。 問題は、有効期限が切れたとき送られてくるカード。更新されたカードの転送は認められていないので、新しいカードを受け取ることができません。
クレジット会社や銀行まで連絡して、はやめに住所変更しておきましょう。

カードの住所変更手続きは、窓口、インターネット、郵送など、さまざまな方法が用意されています。
手続きの方法がわからない場合、クレジットカードならお手元のカードの裏面に記載されたコールセンターやヘルプデスクへ電話で問い合わせるのが確実です。

引越し前の準備は、『やることリスト』でしっかりチェック!

スムーズな引越しには、引越しを決めてから前日までに、必要な手続きや連絡をしっかりスケジュールをたてながら終わらせて、安心して当日を迎えることが大切です。

とはいえ何度も引越しを経験しても、忘れてしまう手続きや事前の準備というのは出てしまうもの。
トレファク引越では、引越しの前後で必要になる「やるべきこと」を、2週間前、引越しの前、引越し当日の3つのタイミングにあわせ、忘れずにチェックできる「引越やることリスト」をご用意しています。

当日や、引っ越したあとで、バタバタと慌てることのないように。見落としがちなチェック項目をまとめたチェックシート『引越やることリスト!』を、ぜひご活用ください。

【関連ページ】 引越時の届け出はいつまでに?

  • 初めての方へ
  • 事前チェックリスト
  • よくある質問
  • お客様からの声
  • 出張買取のみのお申込はこちら
WEBアンケートキャンペーン
引越体験レポート
モニター募集
漫画でわかる!トレファク引越のお得ポイント!!
おまけ付き!荷造りのコツ
新婚夫婦が住みやすい穴場駅Best22

お問い合わせ

0120-33-5515

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日も含む)

お申込みはこちら
オフィス移転

facebook